• 0467-61-2963
  • JR「鎌倉駅」より徒歩8分

〒248-0005 鎌倉市雪ノ下1-9-21 トウセン鎌倉ビル2階

予防接種

予防接種とは

予防接種

主に冬の寒い時期に猛威を振るうインフルエンザや肺炎球菌など、特定の疾患にかかりにくくするには、事前にワクチン接種をしておくことが大切です。具体的には、毒性を弱めた細菌やウイルスから作られたワクチンを前もって体内に投与し、体内に抗体を作っておくのです。これにより、特定の感染症に罹患しにくくなります。

大きく分けて、病原性が弱くなったものを選別して作られた「生ワクチン」、ホルマリン処理などで毒性を無くした「不活化ワクチン」、細菌が作る毒素をホルマリン処理などで無毒化した「トキソイド」の3種類があり、それぞれの疾患ごとに適切な方法で作られています。

当院では公費のワクチン(インフルエンザ、肺炎球菌ワクチン)をはじめ、下記の各種予防接種に対応しております。

当院で行える主な予防接種

インフルエンザワクチン 肺炎球菌ワクチン 四種混合(DPT+ポリオ) 二種混合(DT) ロタウイルス Hib (小児の)肺炎球菌 BCG 麻疹・風疹混合(MR) ムンプス(おたふく) 水痘(みずぼうそう) 日本脳炎 A型肝炎 B型肝炎 破傷風 など

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスによる感染を予防するため、マスクの着用、手洗いの励行、十分な休養、バランスのとれた栄養摂取などの対策を行っている方も多いと思われます。しかし、これらの対策のみでは周囲の方々からの感染リスクを十分に防止することはできません。

そのために重要となるのがワクチン接種です。日本では例年12月下旬から翌年3月上旬にかけて流行しますので、その前に受けておくことが大切です。

※インフルエンザワクチンの接種は、健康保険が適用されないので、原則として全額自己負担となります。但し、65歳以上の方(特定の疾患を有する場合は60歳以上)は、予防接種法に基づき、費用の一部または全額を地方自治体が助成しています。

また、それ以外の方についても、助成を行っている自治体があります。詳しくは、お住いの市町村(保健所・地域保健センター)にお問い合わせください。

肺炎球菌ワクチン(成人)

現在日本人の死因の第3位が肺炎です。肺炎を引き起こす原因菌で一番多いのが肺炎球菌です。肺炎球菌という細菌は、肺炎の他にも、慢性呼吸器感染症、中耳炎、副鼻腔炎、敗血症、髄膜炎など様々な病気の原因となります。肺炎球菌を保有している方の咳などに含まれており、この細菌が気管支を通じて肺に入り込むことによって感染が拡大していくのです。

これを予防するために重要となるのがワクチン接種です。事前に肺炎球菌ワクチンを接種しておくことにより、肺炎や侵襲性肺炎球菌感染症などのリスクを軽減でき、重症化を防ぐことができます。

特に、養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている方、慢性の持病(呼吸器疾患、糖病病、慢性心不全、肝炎、肝硬変など)をお持ちの方は抵抗力が低下しているため、成人用肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。

接種は、1年を通して、いつでも可能です。但し、5年以内に再接種を行った場合、注射部位に痛みなどが強く生じることもありますので、再接種をご希望される方は5年以上(具体的には7年くらい)の間隔をあけるようにして下さい。

※肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎を予防できるわけではありません。接種後も、うがいや手洗いを敢行し、日常的な公衆衛生活動を怠らないよう留意してください。

医院概要

医院名
医療法人とよた医院
診療内容
内科・胃腸科・外科・肛門科・小児科・乳腺外来・予防接種・健康診断
住所
〒248-0005
鎌倉市雪ノ下1-9-21 トウセン鎌倉ビル2階
TEL
0467-61-2963
最寄駅
JR「鎌倉駅」より徒歩8分
平日13:30~14:00は予防接種の専用枠です。
休診日:木曜・日曜・祝日
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~17:00