• 0467-61-2963
  • JR「鎌倉駅」より徒歩8分

〒248-0005 鎌倉市雪ノ下1-9-21 トウセン鎌倉ビル2階

肛門科

肛門科とは

肛門科

主に肛門や肛門周囲に生じる疾患の検査や治療を行う診療科です。日本では非常によく見られる疾患群であり、約3人に1人が何らかの悩みを抱えているとも言われています。デリケートな部位であるため、日常生活に支障を来たしているにもかかわらず、なかなか相談できずに一人で悩まれたり、「医療機関を受診しなくても何とかなるだろう」とお考えの方も多いようです。しかし、放置すると危険な疾患が潜んでいることもありますので、注意が必要です。

排便したときに血が混じっている、肛門から何かがはみ出しているようだ、排便したのにまだ便が大腸に残っている気がする。そのような症状がみられたら、恥ずかしがって躊躇したりせず、早めの受診を心がけてください。

このような症状の方は肛門科まで

  • 排便時に痛みがある
  • 排便時に出血がある、便に血液が付いている
  • 肛門から腸のようなものが出てきた
  • 下着に膿のようなものが付いている
  • 肛門がうまく閉まらないで便が漏れてしまう
  • 便が出にくい

など

肛門科の主な疾患

痔核(内痔核、外痔核) 裂肛(切れ痔) 肛門周囲膿瘍 痔瘻(あな痔) 肛門皮垂(スキンタグ) など

痔核

肛門のお悩みでもっとも多いのは、長引く便秘や、肛門に過度のストレスをかけることによって発症する「痔」です。その中でも最もタイプが「痔核」です。直腸の下部や肛門付近にある網目状の静脈がうっ血し、腫れあがってきます。いぼ状に膨らむので、「いぼ痔」とも呼ばれます。直腸下部と肛門上皮の境界線(歯状線)よりも内側(粘膜側)に出来るのが「内痔核」、外側(皮膚側)に出来るものが「外痔核」です。

内痔核の場合、排便時に出血が伴うことが多いのですが、内痔核のできる場所には感覚神経が通っていないため、あまり痛みを伴わないまま病気が進行していきます。さらに進行すると、肛門外に脱出(脱肛)し、指で押し込んでも戻らなくなってしまいます。この状態になると、手術が必要となります。

外痔核は、強い痛みを伴うことが特徴であり、便通異常や飲酒、激しい運動、臀部に強い負担をかけることなどにより症状が悪化します。

当院においては、内痔核・外痔核ともに、症状が軽い場合は手術を行なわず、経口薬や注入軟膏、座薬などを用いて症状の軽減を目指します。なお、手術が必要な場合は、患者さまの病状に応じて専門病院をご紹介いたします。

裂肛

肛門上皮が切れてしまい、その部分に裂創や潰瘍ができる疾患です。硬い便を無理に排泄しようとしたり、下痢便が続くと起こりやすくなります。さらに、痛みによって肛門括約筋が締まって肛門が狭くなると、便通がさらに困難となって症状が悪化します。

裂肛には、便秘や下痢によって肛門が切れ、排便時に痛みや出血を伴うものの、その傷が浅くて数日で回復する「急性裂肛」と、何度も急性裂肛を繰り返したり、感染症が起きて肛門ポリープや見張りいぼを伴う「慢性裂肛」があります。

急性裂肛の場合は、整腸薬や軟膏などで便通を調整する薬物療法が主に用いられます。一方、慢性裂肛の多くは手術が必要となります。比較的に軽度であれば、肛門括約筋の一部を切除して治癒を目指します。しかし、重度の場合は裂肛切除術が選択されます。

肛門周囲膿瘍

直腸と肛門の間にある窪みから細菌が侵入し、肛門周囲に膿瘍ができる疾患です。肛門が腫れ、激しい痛みや高熱が生じることもありますが、通常は膿瘍が自然に破れて膿が体外に排出されることにより、次第に痛みなども治まってきます。

もっとも、治癒したように思われても、再び細菌感染を引き起こして膿が出てくることがあります。症状が悪化しないよう、適切な時期に治療を受けるようにしましょう。

痔瘻(あな痔)

肛門周囲膿瘍が繰り返されることにより、肛門周囲の皮膚や直腸と肛門腺がトンネル状に繋がってしまう疾患です。通常は入院して手術を行います。

医院概要

医院名
医療法人とよた医院
診療内容
内科・胃腸科・外科・肛門科・小児科・乳腺外来・予防接種・健康診断
住所
〒248-0005
鎌倉市雪ノ下1-9-21 トウセン鎌倉ビル2階
TEL
0467-61-2963
最寄駅
JR「鎌倉駅」より徒歩8分
平日13:30~14:00は予防接種の専用枠です。
休診日:木曜・日曜・祝日
診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~17:00